History.jpg

歴史

テクニカルテキスタイルの製造に従事する以前の1987年、グループは国内アパレル市場向けの布製造のための織り機を設置することから始まりました。 1991年、有限会社GD textilesという名前でボム製品補強用のジャケット布の製造に事業を拡大しました。これは後に、強靭な毛糸を製造するため、1997年に追加の紡績ユニットを含む川上統合によりサポートを受けることとなりました。

 

2003年、グループはMadura Industrial TextilesのVベルト及びホース糸用のシングルエンドディップコードの事業を引き継ぐ形で、有限会社Shakti Cordsを設立しました。GD Textilesは現在、パワートランスミッションベルト用のジャケット布においてインド最大のシェアを占めています。また多国籍企業にとって信頼できる情報源としての地位を確立し、2013年初頭から国際的な顧客のポートフォリオを拡大し続けています。

パワートランスミッションベルト用のジャケット布に加え、有限会社GD textilesは、染色布、角布、耐熱布、インプレッション布などの加工布を製造する領域で成長を続けています。